バージョンアップ貧乏
e0087225_17122324.jpg
 とんでもない請求書が来た。アドビから新しく出るADOBE CREATIBE SUITE 3 の特別提供版274,000円也。CREATIBE SUITE 2 を買ったのに何故かアップグレード版ではなく特別提供版の案内。差額はおよそ100,000円。なめとるのか。
 マクロメディア製品がアドビ扱いになってソフト間の連携が良くなったのは歓迎すべき事なのだが、一度に全てバージョンアップされてしまうととんでもない金額になる。一つずつグレードを上げていくよりまとめての方が割引率は高いのだろうが、個人で一度に100,000円の出費はなかなか痛い額なのだ。
 さて、どうしたものか。グラフィックツールは印刷会社がマックのOSでつまずいて前のバージョンを入れている所が多いと聞く。WEB関連ツールは出来るだけ最新版であるほうが望ましいが、IllustratorとPhotoshopは一度やり過ごしても良いかも知れない。となるとどの製品を買ったらいいのか・・・これがまたパンフレットがわかりにくい。とにかく、じっくり悩む事にしよう。

ブログランキング「エッセイ」参加中。

↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-05-11 17:29 |
<< マタドール 沈黙のヴィーガン >>