国産牛カルビ肉
e0087225_17231147.jpg 暖かい季節になると七輪の出番である。日が暮れる前から備長炭にカセットガスバーナーで火を起こす。ベランダにテーブルを出して七輪と網を乗せ、材料を切れば晩ご飯の始まりだ。
 今回はちょっと良い国産牛カルビ肉が特価になっていたので200g買った。彼女はヴィーガンに凝っているので肉は食べない。私一人で200gは多いと思ったのだが、普段の大食を知っている彼女に説得されて買ってしまった。
 ところが、脂の良くのったカルビ肉だったせいか、一人で200g食べるのは思いの外大変であった。ずいぶん前に寒ブリで失敗して脂の匂いがする物は受け付けなくなった時期があり、それ以来程々にしか食べられなくなっていたのだが、ヴィーガンフード導入で余計拍車がかかったのかも知れない。
 暗くなっても二人の七輪バーベキューはしばらく続いた。夜が更けるとだいぶ冷え込むが、その分備長炭からの赤外線がほんわかと心地よい。
[PR]
by marshM | 2007-05-03 17:35 |
<< GW 五月晴れ >>