フィギュア
e0087225_22405333.jpg 仕事場のパソコンの周りにあふれるミニチュアを眺めていてふと思い出した。
 小学生高学年の頃、私はモデルガンにはまっていた。のべつまくなしに火薬を詰め込んで撃ちまくるものだから、火薬の煤がつまって調子が悪くなる。母親の友人にモデルガンに詳しい息子を持つかたがいるというので、そのお宅を母親と共に訪問する事になった。
 当時高校生か大学生のお兄さんは、私から見るとかなり大人の雰囲気。今から思えば何ともない事なのだが、とんでもないテクニックを使って自慢のモデルガンをメンテナンスしていた。沢山のコレクションを飽きもせずいじらせてもらったのを覚えている。
 ところがそのお兄さんは他にも趣味を持っていた。勉強部屋の本棚を覗くと、沢山のフィギュアが並んでいたのである。今で言うフィギュアとは少し違っていて、当時の物は田宮のミリタリー・ミニチュアシリーズというプラモデルの人形を改造して自分で作る、有名人やキャラクターの小さな人形だった。中でも精巧に出来たダーティー・ハリーは、造形が秀逸で目が離せなかった。
 その後彼はアニメーターになったと噂を聞いた。今思えばオタクという定義が出来る直前のハシリだった彼は、少年の私にミニチュアの面白さを存分に教え込んでくれたのであった。
[PR]
by marshM | 2007-04-17 22:56 |
<< チョコの王様 ネガティブな思考 >>