日曜日の来訪者
e0087225_13363943.jpg この時期天気の良い日曜日は家の前の道が中高年の団体で賑わう。どうやら里山ウォーキングコースか何かに紹介されているらしく、駅から梅の名所である神社までこの辺りを一回りするらしい。
 通りかかった人たちが必ず足を止めて話し込んでいく。大家さんの元厩と隣の家に沢山の実をつけるミカンが話題の中心。その間に立つ我が長屋を覗き込まれているわけではないのだが、駐車場の中にまで入り込んで眺めていく女性達の団体には少しうっとうしさを感じる。
 暖かい陽の光の下でパイプをくゆらしていると見かける訪問者は他にも沢山いる。オナガ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ。大騒ぎで茂みの中を餌探しに余念がない。
 先日イモムシを駆除し損なったオリーブの木、いつの間にか数本の枝から葉が綺麗に無くなっている。どうやら冬眠から醒めた奴らがお腹一杯食べてしまったようだ。その割りに姿が見えないのは、野鳥たちがめざとく見つけてさらっていったのだろうか。禿げ上がった枝の真ん中に新しい小さなつぼみが芽吹いていた。
[PR]
by marshM | 2007-02-25 13:53 |
<< 木蓮 カーブミラーの空 >>