カーブミラーの空
e0087225_21558.jpg 先々週は近所にある梅の名所が賑わっていたようなので、天気の良い日に冷やかしがてら散歩に出てみた。ところが、どんど焼きでもやったのであろうか、折からの風で煙と灰が舞い花見どころではなかった。先週今週に入るともう花粉の影響が出て散歩どころではない。今年は花粉量が多いのか、それともヨーグルトを食べなかったせいか、少し症状が重い。布団も干したくないくらいである。
 カメラを持ってのんびり散歩すると、必ずカーブミラーの中の風景に目を引かれてしまう。普段車を運転するのでそこにあればつい視線がいってしまう習性がついているのだろうが、改めて真下に立ってその中の風景を覗いてみると、なかなか面白い眺めである事に気が付く。そして、いつもカメラを撮る側の自分自身と風景を一緒に撮る事が出来る面白い素材として、一枚シャッターを切る。
 思えば湾曲したその風景は魚眼レンズの作り出す世界。ズームと50mmの明るい単焦点レンズは持っているのだが、少し面白いレンズを何本か持っていても良いのかも知れない。とは言え、私が撮る写真は作品ではなく素材にしかなり得ないような絵柄ばかりなのだが。
[PR]
by marshM | 2007-02-23 23:59 |
<< 日曜日の来訪者 風に吹かれる >>