気の早い季節
e0087225_1527364.jpg ここ数日暖かい日が続いているので、日が暮れる頃になると妙に胸がわくわくしてしまう。それは温められた地面の中でカビが活発に活動をはじめ、湿度の上がった大気中に胞子を振りまく臭いであり、雨が近くなると漂うその臭いと共にやってくる感情である。
 例年であれば大気も地面も暖まるのは4月を過ぎた頃であろうか。日が沈むとそれまでストイックに張りつめた空気を作り上げてきた大気が優しく肌に接するようになり、自然の中からわき上がるあらゆる香りが行動を起こす事を本能に訴えかける。
 少し早いが今年も夜遊びの季節が巡ってきたようだ。来週は馴染みの店にでも顔を出してみようかと思う。
[PR]
by marshM | 2007-02-09 23:59 |
<< 朝市 立春過ぎて。 >>