陰謀のセオリー
e0087225_19532170.jpg 昼間WOWOWで『陰謀のセオリー』を放映していた。1997年制作、メル・ギブソンとジュリア・ロバーツの、都市伝説的な陰謀の理論から巨悪組織が暴かれるサスペンスの佳作。これが何度見ても飽きないのである。
 もう一度見たくなる映画はたくさんある。しかし何度見ても画面に引き込まれる映画は少ない。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどは長編であるし画面の作り込みも凝りに凝っているから見る度に新しい発見があるが、ほとんどの場合は先が読めると気持ちが他へ飛んでしまう。
 見る度に引き込まれる映画とは、ストーリーの秀逸さ、キャストの魅力、画面構成、小道具の生かし方、この全てが整っているのであろう。『陰謀のセオリー』を見終わると『Can't Take My Eyes Off You』の旋律が頭を離れなくなってしまう。状況に混乱したメル・ギブソンがこの曲の歌詞を使ってジュリア・ロバーツについ告白してしまうシーン、彼女の戸惑った顔がなんともキュートなのだ。
[PR]
by marshM | 2007-01-31 20:21 |
<< 街の風景 太陽の大陸 >>