ジョウビタキ
e0087225_165835.jpg 最近、庭で決まった鳥を見かける。じっと動かないで見ていると、5メートル近辺の雑草の中に餌を探している様子で、時々一段高い所からこっちを伺っている。雀と同じぐらいの大きさで鈍い褐色、くちばしは短く羽に紋付き。まるまると太って、北風に羽を逆立てているから余計丸く見えて愛らしい。
 ネットで早速調べてみるとジョウビタキの雌だとわかった。野鳥の写真を撮っているかたのブログで、やはりすぐ傍までやってきて驚くとのコメントがあった。渡り鳥なのだが、都会を渡り歩いて人慣れしているのか、それともここに来る他は大自然の中ばかりを辿るコースで人に警戒心がないのか。
 ネットで調べると鳴き声の音源データまで探し出す事が出来る。耳を澄ますと何処か近所を飛び回っているのがわかって微笑ましい。色気のない冬空にぽつんと色彩が浮かんだよう。
[PR]
by marshM | 2007-01-21 23:59 |
<< 使えぬ案山子 外猫 >>