UFO
e0087225_14501613.jpg 友人宅でイベリコ豚のステーキをご馳走になった。イベリコ豚はハモンも美味いが生で仕入れて焼いても美味い、と先に試した友人の話を聞いて、それではと予てよりの計画を実行。期待通りの美味さ。
 一通り酒と食事がすむと女性陣を部屋に残しベランダに出て紫色の煙をたなびかせる。美味い酒と美味い料理があればパイプの煙も3割り増し美味くなる。この日は日付が変わっても何度かベランダに出た。
 すると彼方の空に明るいオレンジ色の光点。飛行機が飛ぶにしては時間が遅すぎるし、強くなったり弱くなったりを繰り返すが動きが鈍い。これはきっと宇宙人からのメッセージに違いない、と見守るウチに横に伸びたり縦に伸びたり、光の形が変形しだした。煙をのんで、もとい、息をのんで見守っていると、オレンジに輝く大きな弓形に変化して形が固定した。正体見たり、低い位置にあった厚い雲の隙間から細い月が昇ってくる所であった。
 酒に酔い、煙に酔い、楽しい宴にすっかり時間を忘れた夜であった。
[PR]
by marshM | 2007-01-14 15:13 |
<< DOGHOUSE 数える指 >>