猛烈チャーハンその後
e0087225_23581022.jpg
 有楽町の初売りバーゲンへ。猛烈チャーハンを餌につきあわされて行ってきた。
 その店、有楽町のガード下にある「谷ラーメン」は、昔ながらの東京風中華ソバ。こってり背脂から豚骨・北海道塩・味噌、本場九州の豚骨と流行の個性派を好んで来た舌には、原点に戻って本当の旨味だけで勝負するあっさりした醤油ラーメンが心地よい。
 そして、前回食べそこねた猛烈チャーハン。猛烈とは私が勝手につけた名で、大将が猛烈に鍋とお玉をぶつかり合わせて音を出し作る、勢いの良いチャーハンの様。これが美味かった。昔ながらのパラパラほぐれるチャーハン、チャーシューともしかすると鮭が入っているかも知れない、何だか無性に懐かしい、ちょっと胡椒のピリッと利いた味。その後にあっさりラーメンスープをすすると双方の味がお互いを引き立てる。
 大満足のちょっと遅い昼食。今日はまだ松の内と言う事もあって、大将のお孫さんが奥のお座敷に来ていたせいか、中華鍋の猛烈ぶりは控えめであったが、なんとも満足な一時であった。
[PR]
by marshM | 2007-01-05 23:59 |
<< あんず飴とリンゴ飴 改名 >>