吉野屋
e0087225_20101261.jpg 旅行で少し、いやかなり体重が増えて帰ってきたので運動しなくてはいけない。今日はプールで泳ぐぞと意気込んだものの、あいにく祭日は休みなのだった。出かけるために立ち上がった意気の矛先を仕方なく吉野家に向けるダメ人間である。
 10月11月と期間限定で牛丼が復活している吉野屋。先月の週末は駐車場に列が出来、夕方には売り切れてしまったと聞いていたが、今日はそれ程混んではいなかった。とは言えほぼ満席状態、回転が速いのでどんどん客が入れ替わっていく。
 報道では今回薄味にしていると言っていたが、サラリーマン時代を思い出す懐かしい味。限られた時間を有効に生かすため、良く吉野屋で牛丼を掻き込んでから喫茶店へくり出した物だ。
 所変われば客も変わる。住宅街のすぐ近くにあるその店は、休日を楽しむ家族連れ、若いカップルが半数を占めていた。牛丼やと言えば仕事をする男の世界のイメージがあったが、すっかり変わった物だ。
[PR]
by marshM | 2006-11-03 20:32 |
<< カリブの賜物 火のないシガーに煙は立たず >>