バルセロナ2日目 ゴシック地区散策
e0087225_8335635.jpg
 地下鉄を乗り継ぎ旧市街の面影が残るゴシック地区へ続く大通りへやってきた我々は、やっとヨーロッパの観光地に来ているんだという実感が湧いてきた。古い装飾のアパートメントや教会の外観、大通りの中央分離帯にある遊歩道には沢山の売店と世界各国の観光客。まだ痛いほどの日差しが残る青空の下は大賑わいである。
e0087225_8452210.jpg ランブラス通りと呼ばれるその通りを中ほどまで来ると、右手にぽっかりと大きな空間にアールデコ的な看板が現れる。住民にボケリアと呼ばれ親しまれているサン・ジョゼップ市場だ。ガイドブックには少し値段が高いと書かれているのでささっと眺めるだけにするつもりだったが、つい変なお菓子のカゴ売りに足が止まってしまう。
 リコリス等の香草を使ったグミのようなキャンディー、スーパーにも沢山置いてあるところを見ると観光土産用においてあるのでもないらしい。面白いので土産として日本に持ち帰ろうとしたのだが、そんなものを面白がるのは私だけだとたしなめられ思いとどまった。
e0087225_8454884.jpg

[PR]
by marshM | 2006-10-08 08:53 |
<< バルセロナ2日目 ゴシック地区散策2 バルセロナ2日目 朝食はBARで >>