Perfect blue
e0087225_19271839.jpg 正午、チョイノリにまたがり打ち合わせに向かう。空はこれ以上ないくらいに完璧な夏空。今流行っているBonniePinkの歌が聞こえてきそうな快晴。ジリジリと肌を焦がす太陽光線。
 小一時間ほど打ち合わせをこなした帰り道、西の空には丹沢山系とその向こうにあるはずの富士山をすっぽりと隠した綿菓子のような夏雲。ふと高校から浪人時代にSUZUKIのハスラーに乗って走り回った夏を思い出した。フルフェースのヘルメットからしたたる汗、汗で色落ちするグラブ、信号待ちで足下から立ち上る熱気。それでも楽しくてだいぶ距離のある友人の住む町まで通ったものだった。
 お盆明けで空いている道を快調に気持ちよく走るチョイノリ。コンビニに寄ったとたんにオーバーフローでガソリンが漏れだしエンスト。何とか再始動するも自宅近くの最後の坂を押して上る事に。結局頭のてっぺんから足のつま先まで汗だくで帰り着いた。
[PR]
by marshM | 2006-08-19 19:40 |
<< 半貴石 モヒート >>