幻の湖
e0087225_19161412.jpg 上空に大きく冷気の張り出した日本列島は、昼下がりから全国的に雷雨。横浜も記憶にある中で一番長く続いたのではと思うくらいに激しい雨と雷鳴。普段は小一時間ほどで雷雲が通り過ぎるものだが、それが次から次へと3つほど通り過ぎたような感覚。
 ウチの長屋は緩い斜面をくりぬいて作った土地に建っている。大雨が降ると表通りからと大家さんの母屋から雨水が全て流れ込み、10cmから15cmほどの深さの水たまりにすっかり囲まれてしまう。今日も盛大に水が流れ込み、湖の中に家が建っているようだった。これ、床下まで行かないから良いけれど、ある種欠陥建築なのではないだろうか。
 見事な稲光だ!雨が吹き込む!水があふれる!と騒いでいたら黙々と語学の勉強にいそしむカミさんに「子供なんだから」とやられてしまった。ちっ。
[PR]
by marshM | 2006-08-12 19:28 |
<< 柿の葉寿司 ある意味シークレットブーツより衝撃的 >>