IKEA
e0087225_2348488.jpg
 昼間車で走っていると大変目立つバスを見かけた。紺地に黄色で「IKEA」。誰がどう見ても今年9月に第三京浜港北インターチェンジ近くにオープンする北欧家具量販店のトレードマークである。
 私自身はまだIKEAに行った事がないのだが、ニュースで日本進出の話題を見た覚えがある。組み立て式家具で製作工程を省き価格を下げる方式だったと記憶している。私感であるがただ安かろう悪かろうではない所がIKEAの売りなのではないだろうか。北欧と言えばデザインも優れている。当然販売戦略にもデザインは重要視されているはずである。宣伝を打っているわけではないがインパクトのあるロゴが、完成前から街道に大きく表示され目をひくのは狙いがしっかりしているように思える。(ただ一つ、難点をあげればデザイナーが本国の人なのであろう、日本的な部分、たとえば構内サインの日本語書体等がちょっと妙な所もあるが・・・)
 鉄道の駅から離れた地点に建つ新店は、近隣主要駅からバスの送迎が出るのであろう。今日はそのリハーサル運行だったのだろうか。大きなロゴは宣伝カーの様に遠くからでも目に付く。帰り道に近所の市営バスも小型バスで運行するような細い道をIKEAバスが走っていた。普通の大型バスだったが、大丈夫なのだろうか。
[PR]
by marshM | 2006-07-24 23:48 |
<< 沖縄ソバの旅9 最終回 雨を泳ぐ >>