閉店
e0087225_18524643.jpg ウチは食材などの買い出しを週に1回と限定して、二人で近所の百貨店の地下にある大手スーパーまでくり出している。そうなると当然百貨店に用がある場合はついでに寄って行くわけで、カミさんの洋服選びにも自然とつきあう事になる。
 近頃カミさんのお気に入りブランドですっかり顔馴染みになったブティックがある。以前にも「お気に入り」で内装の事を書いた。その店が閉店するというので馴染みになった顔を見納めに行ってきた。
 本当は試着室前に置いてある一人用のソファーにもう一度座りたかったのだが、少し模様替えをして中途半端な位置に置いてあったのでそれはあきらめる。寝不足の日に行ってどっかと座ると、いつの間にかうつらうつらしてしまう気持ちの良いソファー。海外ホームドラマで引越シーンになると必ず話題になるマイ・ソファーの様に心地よく馴染みやすいソファーである。この先あのソファーに座れないと思うと、ウチにも自分のお気に入りソファーぐらい一つあっても良いかもしれないと思うのだ。
 マヌカンの女性達は気だての良い美人揃いであったが、ブランドの専属ではなくハコを預かっていた会社の社員で、次はどこへ行くのか決まっていないという。是非次が決まったら連絡してくれとカミさんが約束していたが、お気に入りのランプとソファーとは約束が出来るはずもなく、私はちょっと寂しく帰ってきたのだった。
[PR]
by marshM | 2006-07-22 18:54 |
<< 雨を泳ぐ 楽しみの行方 >>