ウグイス
e0087225_1933268.jpg ここ数日来決まった時間になるとウグイスが鳴き始める。すぐ手が届きそうな所から聞こえているようでいて、窓から首をだして見渡してもどこにその姿があるのかわからない。
 澄んだ音色であたりに響き渡るその声はちょっと変わっている。普通聞かれるのは「ホーホケキョ」と言うのが一般的だが、我らがウグイスは「ホー、ホケキョケキョ」と鳴く。何故かケキョが一つ多い。聞けばウグイスにも方言があるとか。合間に聞こえる「ケキョケキョケキョ・・・」と甲高い連鎖音で聞こえるのは縄張りを主張する警戒の声だと聞いた覚えがあるが、こちらはあまり変わった鳴き方を聞かない。いったい何と言って鳴いている物やら不思議に思うが、人間の言葉にして鳴かれた日にはうるさくて寝ていられないだろう。
 日が昇るにつれて行動範囲は移動していき、昼過ぎにはかなり遠くからその声は聞こえてくる。相変わらず一言多いのがおかしい。
[PR]
by marshM | 2006-04-22 19:18 |
<< ひばり 残り香 >>