気になる木
e0087225_17241061.jpg 家の窓から外を眺めるといつも一番最初に目に入る光景。隣の家の屋根の上に高くそびえ、夏は青々と茂り、秋には色付いて葉を落とし、冬は大きな枝だけが寒空に手をかけるように広がった姿を残す。そして春、気が付くと枝先に新芽の濃い緑色が現れるのだ。
 今年も新芽の時期がやってきた。まだ鮮やかとは言えないくすんだ色だが、枝先にふさふさとそよぐ色づきが季節の移り変わりを教えてくれる。あの緑の枝振りがまた見られると思うと、春の嵐の冷たい風もどこ吹く風よと気にならなくなる。
 しかしながら、いったいあの木はなんという木なのだろうか?やはり気になる。
[PR]
by marshM | 2006-04-03 17:38 |
<< 居酒屋デート 土曜日の桜 >>