しもやけ
e0087225_19375012.jpg
 左足の薬指がヤバイ。体の血の巡りが良くなると痒くなり、少し腫れぼったい感じがする。これは間違いなく霜焼けである。
 小学生の頃はよく霜焼けになっていた。寒い格好で外を走り回っていたからか、靴下をはくのがそのころから嫌いだったからかは覚えていないが、手や足に霜焼けが出来て春になると痒かったのを覚えている。
 痒いが掻くと痛い。痛いが掻かないといつまでもむずむずする。あの頃はいったいどうやって治していたか。何か塗り薬を塗っていた記憶があるのだが。
 昨日・一昨日と風呂で冷水と湯に交互に浸けてマッサージをした。今日は少しマシになったようだ。以前これで早期治癒した事があるので、心配はないであろう。それよりも何故霜焼けになったかである。怪我をしてから冷えないように夜も靴下をはいて寝ている方の足なのに。
[PR]
by marshM | 2006-03-04 19:46 |
<< イルカたち デジカメ >>