地震
 昼過ぎに微震があった。最近は小さな揺れでも後から大きくなる事があるから気を抜けない。あわてて水槽を押さえたが肩すかしを食らった。
 思えば宇宙がなんたるかを知らなかった時代は地震というものがいったい何であるか不思議であったに違いない。局地的に地面が揺れるのである。土の下には大ナマズが住んでると考えてもおかしくはない。大地は巨人や亀や象が支えていて時々身動きすると思ったのも無理のない話だろう。
 燃えたぎる惑星の乾いた表面に苔のように群がる生命の夢は儚い。
e0087225_18223639.jpg
[PR]
by marshM | 2006-02-22 18:23 |
<< 手のひらの海 猫 >>