月と共に
e0087225_2211694.jpg

 今日やってしまわなくてはならない雑事を終わらせ一週間分の買い出しも終わった15時、夫婦二人車に乗り第三京浜から海を目指した。
 着いた先は陽も西に傾いた七里ヶ浜。浜にせり出した駐車場はアベックや散歩中の人々で僅かばかりの賑わいを見せていた。堤防に座り込んだり、浜辺に降りたり、思い思いに過ごしているようだが皆同じものを待っている。ジリジリと西の空から落ちはじめた太陽が遠い稜線を越えていく。
e0087225_21342533.jpg 残照にあたりが包まれると風が冷たくなってきた。体が冷えないうちにすぐ近くにあるもう何度も訪れたレストランに移動して暖かい室内から外を眺める。暮れゆく空と溶け行く海が二人で見た数々の情景を思い出させる。レストランでの食事は期待通りの味。しかし、数年前初めて二人で入った時に比べればたくさんの美味しい料理に出会った。
 静かに流れる時間にゆっくりと漂いながら、ちょっと早い記念日の夜は昇る月と共に更けて行くのである。
[PR]
by marshM | 2006-02-13 22:00 |
<< お願い クラッカーサンド >>