駄菓子菓子
e0087225_22313977.jpg 夕方、ベランダに出て冷たい空気を吸い込むと、何だか懐かしい臭いがしたような気がした。その臭いの記憶が蘇らせる情景は小学生の頃良く通った駄菓子屋の店内。甘い砂糖菓子と埃と古びた建物の臭い。いったいベランダに流れてくる何の臭いに似ていたのか、近所の手入れの行き届かないペットの臭いだろうか。
 子供の頃、母親は私が駄菓子屋に足繁く通うのを面白く思っていなかったようだ。だいたい駄菓子という物は不衛生で、使っている材料も体に悪い物ばかりだというのだ。確かに子供たちの手は汚く店内も決して衛生的と言える物ではなかったが、それでも駄菓子が原因でお腹をこわした子はいなかったと思う。
 テレビコマーシャルや店頭には「除菌」「抗菌」の文字があふれている昨今。何をするにも良く洗ってから。確かに伝染性の細菌には手洗いは欠かせない対抗策なのだが、少しばかり煽りすぎの感もある。ちょっとぐらい不衛生に育った方が、強くたくましく育つような気もするのだが、うがった見方だろうか。
[PR]
by marshM | 2013-02-20 22:44 |
<< 復活 流行性感冒 >>