ペットのスタンス
e0087225_2324821.jpg うちのアズキはちょっとばかり鼻の悪い猫だ。他の猫たちと違って臭いで好き嫌いを言わず何でもよく食べる。昨日は編みぐるみで遊んでいるうちにお腹が空いたのか、食いちぎって飲み込んだ欠片がお腹に詰まってあわや開腹手術と言う所まで行った。入院した晩に何とか欠片を押し出して、今日無事退院してきた。
 猫の治療費は案外バカにならない。もし開腹手術という事になれば、かなりの出費になる。「こんな事ならペットショップで血統書付の猫が買えるのに」と財布を開けるたびにぼやくのだが、よく考えてみれば血統書が付いていたって風邪もひけばとんでもない物も飲み込む。初期費用が高いだけで保証期間も何にもないのだ。
 うちのアズキはちょっとばかり寒がりである。病院で心細かったのか、戻って来るなりホットカーペットカバーの下に潜り込む。届いたばかりの猫用の服を着せてみたが、それでもやっぱり潜り込む。そんなアズキの姿を見ていつの間にか顔がほころぶ。治療費がかかっても元気に戻ってきただけ有り難い、血統があろうが無かろうがアズキはうちの家族なのである。
[PR]
by marshM | 2013-01-17 23:20 |
<< シモヤケ再び 暖かな雲 >>