雑誌のおもしろさ
e0087225_22455975.jpg とある事情があって久しぶりにマンガ雑誌を買ってみた。青年誌、と言うのだろうか、中綴じのサラリーマンが電車の中で良く読むタイプのもの。お目当てはその中の一編だけだったのだが、他のページは全く面白くなくてビックリしてしまった。
 高校生の頃ぐらいまでは良くマンガを読んでいた。単行本で揃える事が多かったが、週刊誌や月刊誌も頻繁に買っていた。今でも年に何冊かは面白い物を見つけて単行本で買ってもいる。しかしながら、しばらく雑誌を読まないうちに浦島太郎のようになってしまったようだ。広い読者の嗜好をカバーするように編集するマンガ雑誌は、時代の流行に左右されやすいから致し方がない事だ。
 仕事柄ファッション雑誌も色々眺める機会が多いのだが、これもまた指向が変わってきたようだ。変わらず面白いのはフィガロとかELLEとか流行通信くらいのものか。自分の面白いと思うものと合っているのか、いつも目にしているから面白いと思わされているのか。微妙な所である。
[PR]
by marshM | 2012-11-08 23:02 |
<< プンパーニッケル 気持ち良い色彩 >>