夏が終わっても
e0087225_1142484.jpg 南向きの窓から差す太陽の光が日に日に部屋の奥へと伸びていく。太陽の角度が浅くなれば太陽光が通過する大気の長さも長くなり、その分熱量も減ってくる。風向きが変わり最高気温が下がれば今までだれていた猫たちも活発に動き出す。
 梅雨の合間に拾ってきたルーはまだ3ヵ月ほどのやせっぽちなキジ猫。あまりにガリガリに痩せているので獣医に相談してみたが、特に病気らしい症状がないので餌を変えて様子を見る事になった。
 幼いうちに親と別れたせいか、ルーは甘えん坊。最近甘えの度合が加速して、寝ている私の胸の上に居座ってゴロゴロ言い出す。太陽の熱量が減ったとは言えまだまだ蒸し暑い夜に、小さな湯たんぽを抱え込むのはちょっとばかりしんどい。
[PR]
by marshM | 2012-09-10 11:53 |
<< 闇を歩く 夏のエネルギー >>