夏のエネルギー
e0087225_19565177.jpg 夏が終わり秋が近づくと、一日の天気はめまぐるしく変わる。まだ日中は夏の熱量が残っているだけに、上昇したエネルギーは大きな雲を作り最後は雨と稲妻を生み出して大地に戻ってくる。
 空が広いと言うだけで何とはなしに一日の天気がどう変遷するか、朝の段階でわかってくる。気温、湿度、風向き、雲の割合。ビルに囲まれた小さな空を見ていてはできない事だ。
 太平洋高気圧が少しずつ後退して、秋の長雨が近づいてくる。今週の予報は雨、雨に冷やされて太陽のエネルギーが海へと流れていく。
[PR]
by marshM | 2012-09-06 20:03 |
<< 夏が終わっても 夜の集会は居間 >>