生ける化石
e0087225_20561223.jpg
 近所の水田にカブトエビが生息しているという噂は以前から聞いていた。今年の夏は誰かにその場所を聞いて、生ける化石とご対面してみよう、これは良いネタになると思っていたのだが。今日、チョイノリを飛ばしている時(40Kmしかでないが飛ばしているという感覚なのだ)にふと思い立って水が張られた水田をのぞいてみると、あっけなく見つかってしまった。
 まだ幼生のカブトエビ、エビに近い形をしているが、尾の先が二股に分かれてまごう事なきカブトエビである。こんなに近くにいるとは思わなかった。また一つ楽しみが増えてしまった。





(6/18 カブトガニをカブトエビに修正)
[PR]
by marshM | 2012-06-15 21:02 |
<< 噪夏 夜霧が呼ぶのは何処? >>