怪しい作業
e0087225_15183526.jpg 動物病院で猫たちに処方されたのは粉末の整腸剤と抗生物質。味が悪いらしく、やわらかい餌に練り込んでも水で溶かしても飲んでくれない。よっぽど苦いのか泡をふいて吐き出す始末。これにはほとほと困り果てた。
 そこで一計。人間用の薬屋に行き、空きカプセルを買ってきた。最初は一番小さな5番というサイズを買ってきたが、薬の量が多くて一回分が3錠にもなってしまう。改めてそれより大きい3番を買ってくるとピッタリ。仔猫の喉には少し大きいような気もしたが、飲ませてみると案外簡単に飲み込んでしまった。
 そこからが一苦労。5日分×2包を普通の風邪薬と同じぐらいのカプセルに流し込んでいく作業を延々一時間あまり。何だかだんだん怪しい薬を小分けにしている売人になったんじゃないかと錯覚を起こすほどの単純作業。しかし、ここで苦労をしておけば後は猫の口に放り込むだけだと自分に言い聞かせて、クシャミをぐっと飲み込みながらの作業であった。
[PR]
by marshM | 2012-06-10 15:35 |
<< 夜霧が呼ぶのは何処? 時を追って >>