薬の効能
e0087225_1472296.jpg 今年は花粉の飛散量が少ないと言う。確かに、例年年が明けると共に現れる鼻血鼻水鼻づまりに目の痒みが少ない。早めに用意した花粉アレルギー鼻炎薬の出番がなかなか出てこないのはうれしいような惜しいような。
 症状が出ないのはありがたいのだが、花粉情報がTVで流れ始めると共に、やはりどこかしらだるいような目が痒いような、気が付くと眠くもないのに目をこすっていることに気が付いた。そこで用意してあった薬を夜寝る前に飲んでいつものように仕事に出かけると、思いのほか体が軽いことに驚いた。
 毎日少しずつ症状が出ていたために気が付かなかったのだろう。薬を飲んで初めてそれに気が付くとは、われながらあきれてしまった。猫を新たに二匹も飼い始めたから、ショック療法で花粉アレルギーが治ったのかもしれないなどと、ありもしないことを考えていた自分が馬鹿に思えてくる。
 それにしても今年の花粉は確かに飛散量が少ない。毎年この時期には脳みそが融け出てきたのではと疑うような状態であったのが嘘のようだ。それともこれからもっと酷くなるのだろうか。
[PR]
by marshM | 2012-02-26 23:59 |
<< 寝太郎起きる。 エライコト >>