ダイエットの友
e0087225_104363.jpg 病気ではないのだが、糖質制限ダイエットをしているために、糖質フリーのレトルト食品を何種類か買ってみた。これがまたなんと言い表したらいいのか、とても残念な味なのだ。
 一番ましな和牛ビーフカレーは値段も張るだけあって上質な肉を使っている。肉は美味いのだが何かが足りない。ソースや醤油を足してみたが、やはり何かが違う。一番効果的だったのは塩。塩をしっかり利かせると、大分ましな味になった。
 糖質制限メニューというのは普通糖尿病の様な食事療法を行わなくてはならない人たちのためにあるのだろう。果たしてそういった人たちが塩分も控えめにしなくてはならないのかどうかは知らないが、塩が利いていないと味が引き締まらない。そして食べ終わる頃に決定的な不足分に気がついた。カレーと言いながらスパイスの量が全く足りないのだ。
 通常欧風カレーと言えば玉葱や小麦粉でルーを作るから、これを省くのは当然うなずける話だ。しかしカレーに必要な各種調味料が足りないのはいただけない。これなら普段うちで作っているカレーのほうがよっぽど糖分が少なくおいしいメニューが作れるのではないか、と思うのは身びいきが過ぎるだろうか。
[PR]
by marshM | 2012-01-29 23:59 |
<< 折り返しを過ぎる 秘密の隠れ家 >>