都会の空
e0087225_21195760.jpg 都会の空に星は無い。歌謡曲の歌詞にありがちな、誰でも知っている事実だ。でも、知っているのと実感するのは大違いなのだ。
 一晩中明かりの消えることの無い東京で遊んでいようが、家に帰る小道で空を見上げれば星が瞬いているのとは違って、その場所に住んでしまうと空はいつ見上げても明るいままだ。流星群が来たからといって暗がりに出ても群青色が広がるばかり。空に星が無いのなら夜空を見上げる必要など無くなってしまう。星を見上げる習慣を忘れてしまいそうだ。
 どんな嵐でも雲の上に出れば青い空がある。明るい夜空の上にも必ず宇宙が広がっていることを忘れてはいけない。流星群が来れば時には夜空を焦がす大火球が流れることもある、明るい惑星や衛星はネオンサインに負けない明るさを放ってもいる。空を見上げることを忘れてはいけない。
[PR]
by marshM | 2011-12-21 22:00 |
<< 名刺 残りわずか >>