昼の顔
e0087225_1542391.jpg 事務所に通うようになって早1年以上が経った。その間お昼ご飯に通う店を色々試してみたが、大体定番が決まってきた。その基準はもちろん安くておいしい店なのだが、中には多少高くても、それほど取り立てておいしいという事は無くても通う店が何軒かある。そこは決まって元気なおばちゃんが切り盛りしている店なのだ。
 ヨーロッパのレストランやカフェ、バールなどはテーブルやカウンターの担当が決まっていて、流行っている店には必ず名物オヤジが切り盛りしている。控えめに笑いさりげなく気配りをするサービスのプロフェッショナルだ。気持ちよく食事ができればそれが香辛料となり、多少風采の上がらない料理でもおいしく思えてしまうものだから面白い。
 ちょうどヨーロッパの名物親父と同じ位置に日本のランチタイムのおばちゃんたちがいるのではないかと思う。初めて入った客でも気さくに常連のように話しかけ、混雑した客たちを笑顔でさばいていく。何も昼の定食屋に限らず、飲み屋やバーにも同じようなサービスは存在するのだが、あわただしい昼ごはんの時間こそこう言った存在が光って見えると思うのだ。
 さて、明日はどこの店で昼ごはんを食べようか。
[PR]
by marshM | 2011-12-15 23:59 |
<< クリスピーロード 恒星間宙行士の憂鬱 >>