ツンデレ
e0087225_11172.jpg ツンデレキャラ好きはどこから来たのか。思い返してみると一番最初は実家で飼っていた猫か。普段から呼んでも来ない、抱き上げたり膝に乗せるのは嫌がるくせに、夜になると布団にもぐりこみ落ち込んでいるといつの間にか隣にいる。これをツンデレキャラと言わずして何と言おうか。
 いまどきの漫画小説アニメには必ずといって良いほどツンデレキャラが出てくるが、そういったものが好きな人たちはツンとデレの割合に厳しいらしい。ツンが多ければ多いほどいいというのだ。
 猫を起源とした私の好きなツンデレは、どちらかというとデレがしっかり入ってないと納得できない。マティーニのベルモットの分量ではないのだから甘いほうが良いに決まってる。だから、なんだか流行のライトノベルの類はちょっと物足りないのだ。ま、どうでも良い話なのだが。
[PR]
by marshM | 2011-11-30 23:59 |
<< ネタの熟成 波のまにまに >>