東京の灯
e0087225_052275.jpg 日本全国で原発が止まり、春から夏は節電尽くしだった。震災直後は東京のネオンサインが消え、ライトアップや駐車場の照明までが暗くなった。夜の早い時間からゴーストタウンのような暗さになったにもかかわらず、夜空に星がほとんど見えなかったのが印象的。日本はどれだけ夜を明るく照らしているんだろう。
 11月に入ってからやっとあちこちライトアップが復活してきた。商業ビルのネオンサイン時計や橋のライトアップが戻ってくると、やっぱり東京だとちょっとほっとする。
 それでも、いまだに光が戻らないのはある一軒の老舗の料亭。以前は川沿いに大きく店名を浮かび上がらせていたのだが、今も暗く沈んだまま。被災地のため、緊急施設の電力確保のためとみんなで節電に精を出してきたが、その実電気料金の節約になったとほくそ笑んだ人は少なくないはずだ。
[PR]
by marshM | 2011-11-28 23:59 |
<< 波のまにまに 伸縮自在にあらず >>