歯間ブラシ
e0087225_1574092.jpg 「歯と歯茎の間」「歯周病菌」、そんな言葉はCMの中だけだと思っていたのだが、身近なところで聞く羽目になるとは思っていなかった。
 最近通った歯医者へは外れたかぶせ物を直してもらうために行ったのだが、夏前ごろから気になっていた歯茎の腫れもしっかり指摘された。歯科医が言うには過去の治療跡の隙間や歯と歯茎の隙間から歯周病菌が入り込んで、それが歯根に膿をためて歯茎を腫らしているらしかった。
 そこで勧められたのはマウスウォッシュの原液と歯間ブラシ。もちろん治療時に消毒もしてもらったのだが、歯間ブラシに原液をつけて毎日消毒と歯垢を綺麗にすることで、歯周病菌を根絶させるというのだ。これが良く効いた。腫れが引いて噛んだときの痛みも引いた。
 毎日続ける歯磨き、歯間ブラシなど市場拡大のための道具だと思っていたが、やはりそれなりに技術が進んだ結果だったというわけだ。肩こりが歯を浮かせるなんて希望的な観測ばかり頭に浮かぶ私のような人は、一度歯科医に健康診断をしてもらったほうがいいだろう。
[PR]
by marshM | 2011-11-19 23:59 |
<< ポケットに忍ばせる 暖かい光 >>