歌の行間
e0087225_1165578.jpg YouTubeであれこれ動画をあさっていたら、ごく最近までアニメ「マクロス」のシリーズが続いていた事を知った。その中でヒロインの女の子が歌う場面があるのだが、妙に心に響く歌詞だなと思って調べると実は松本隆の作詞だった。松本隆と言えば80年代アイドルのヒット曲には必ず見かけた名前。成る程ねと感心してしまった。
 今流行のJ-POPSはラップのように韻を踏む事や話し言葉を中心にして、行間に情景を盛り込む事が少ないのではないか、と言うのがもっぱらのうちでの話題。そんな中でアニメのキャラクター付けに80年代アイドルの歌を持ってくるととても新鮮に聞こえる。長く続くシリーズだからこそ色んな作り手が思いを込めて参加できるのだろうが、こういった面白い企画がもっと増えると良いのに。
 しかし、戦わなければ愛や平和を語れない風潮、どうにかならんものだろうか。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-04-19 23:59 |
<< 気合いが足りない 悩める胃袋 >>