ポップコーン
e0087225_23554795.jpg 映画館に行くとよくポップコーンを買うが、食べ終わった後にどうも胃にもたれる。
 カミさんがポップコーン用のトウモロコシが沢山残っているからと中華鍋に蓋をして炒り始めた。子供の頃はアルミホイルで蓋された出来合いのフライパン型ポップコーンの元を火にかけたものだが、そんな事をしなくても簡単に出来上がるのがポップコーン。少し強めに塩を利かせた山ほどのポップコーンを抱えてビデオ鑑賞と相成った。
 いつも映画館で買う物より3割り増しほど高い山を二人でモリモリ切り崩したが、後で胃にもたれる事はなかった。その結果から考えると、映画館のスタンドは純粋なバターではなく、植物油もつかっているのではないだろうかと勘ぐりたくなる。
 あまりに美味しかったので次の日はメープルシロップをからめた。映画館でゲリラ販売したくなるほど美味いが、オーガニックのメープルシロップを使っているので販売価格で負けるだろう。残念。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-03-14 23:59 |
<< 記憶の海 季節風 >>