夜空への想い
e0087225_204731.jpg 高校生の頃、天文部に入ったのは星空を見るためだったのか、それともUFOを探すためだったのか、今となっては忘却の彼方だ。それでも未だに夜晴れていれば星を見上げ、天体ショーがあると聞けばニュースをチェックする。
 後どれくらい時間をかければ人類は隣の惑星にたどり着けるのか。SFの世界では2010年と言えばコンピュータが反乱を起こし木星が消滅している年だ。生きているうちに星に行く船は見られるのだろうか。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-02-19 23:59 |
<< 脱走者 春の象徴 >>