カエルの寝言
e0087225_12120100.jpg 私の父親は学生の頃から数学が得意だったらしい。社会に出て企業に入ると技術畑で機械工学系の部署に着き、毎日仕事を家に持って帰ってきては、コンピューターから吐き出されたテープやミシン目で繋がったプリントアウト用紙にみっちりと並んだ記号や数字とにらめっこしていた。
 そんな姿を見ていたからと言うわけではないと思うのだが、FLASHの仕事が入ってくるとアクションスクリプトとにらめっこしてつい熱中して時間を忘れてしまう。HTMLやCSSはある程度決まった仕事内容だし、最初に一通り組んでしまうと後は地道な作業が延々続くのみ。その点FLASHアクションスクリプトはまだまだカバーし切れていない知識も残されているし、頭の体操のように考える余地が十二分にある。仕事とはいえ面白いのだ。
 日曜日にも仕事に向かっていた父親の背中が遺伝するわけはないのだが、カエルの子はカエルと言う諺もある。そんな事を思う事が最近多くなってきた。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-01-28 23:59 |
<< 歩く湯たんぽ 春の色 >>