美味いたこ焼き
e0087225_1236388.jpg 大手スーパーの食品売り場は客を呼ぶためにあの手この手のイベントを打つ。よく行くスーパーでは大きなスペースで全国美味いもの巡りを入れ替えるその一方で、話題の屋台やパンなどを招致するスペースを設けている。
 休日、珍しくそのスペースに行列ができていたので近くを通り過ぎてみると、テレビで紹介されたと張り紙をした大阪のたこ焼き屋が店を出していた。作る端から売れていくのだろう、何人かの客がたこ焼きの焼き上がるのを待っている。

 常々関西のたこ焼きが美味いと思う理由は作り置きを作らない事だと思っている。客がとぎれないから作り置きができないのかそう言うポリシーなのかは一日密着する事もできないから定かではないが、関東のたこ焼き屋台のように出来上がったパックを山のように積み上げている店を関西で私は見た事がない。そして客も注文されてから焼く事を良しとしているのである。
 詳しく分析すればたこ焼きを焼く技術や材料にも違いがあるのだろう。東京には早くから京風たこ焼きと銘打って出来たてを売る店もあるが、やはり日頃からたこ焼きを食べ慣れた関西の勢いにはかなわないと思うのだ。
 
 行列を横目にテレビで話題になろうがどうしても「たこ焼きは関西でたべてこそ」という思いが消えず素通りする。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-01-24 23:59 |
<< 冬の日曜日 厄 >>