走る
e0087225_012128.jpg 先日脱走したうちの怪獣プースカ、今回は他の猫の縄張りを侵すことなく済んだのか、それともぬくぬくと大きく育った体格が幸いしたのか、喧嘩傷を一つも付けずに帰ってきた。
 ところが、今になっても消えない傷が残っていた。多分親指にあたる前足の裏側にある肉球が擦り剥けてしまっているのだ。普段窓から覗くだけの外界に何故か出られてしまった嬉しさから、走る走る走る走る、カミさんに言わせれば「ほら見てっ!ボク外を走ってるんだよっ!」と全身で表現しているらしいその走りっぷりは、柔らかいフローリングしか歩かない肉球をすっかり傷つけてしまったのだ。
 しばらくはあちこちに血の染みを付けていたが、今はカサブタの下に新しい皮膚が出来つつある。そんな勲章を舐めつつ今度はいつ脱走してやろうかと虎視眈々としている憎い奴なのだ。




↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-01-12 23:59 |
<< セレクト、セレクト。 ブログの不都合 >>