遅効性土産の楽しみ
e0087225_030128.jpg 旅行のお土産は何も帰ってきてすぐに飾ったり身につけたり出来る物とは限らない。後から思い出したように出てきて記憶を掘り起こす物もあるのだ。
 今年の春に行ったイタリア旅行から持ち帰り、満を持して登場した土産はフィレンツェで購入した手袋。イタリアに住んでいた事もあるカミさんがあつらえたかのようにぴったりと手にフィットした手袋を冬になる度に身につけていたのを見て、私もかねがね欲しいと思いここぞとばかりに購入したのだ。
 12月、世間は冬である。日が傾いて忘年会に向かうために通りを歩くと、ひんやりと冷たい風を遮る革の手袋が心地良い。半年間待ちに待った楽しみである。ただ、今年の冬はどうもそれほど寒くない。手袋をしていると何だか蒸れてくるので、バスに乗った途端にはずして鞄にしまってしまった。まだ本格的に活用するにはもう少し冬将軍に暴れてもらわなくてはならないようだ。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-09 23:59 |
<< 買い物のタイミング 描きかけ >>