流れ星が見える時
e0087225_010526.jpg 先ほど、21時半頃、ひときわ明るく長い流星を見た。雲間から雲間へ輝きながら東の地平へ落ちていった。時期も流れる方向も違うから散在(群ではない)のだろう。あまり星を多くみる事が出来ないここら辺では、見たい時に見られず何でもない時に気が付く事が多いような気がする。
 一週間の予定を考えて行動しても、例えば週末にまとめて絵を描こうなどと考えていると、その時に限ってノリが悪く何も浮かばずやる気が起きない事もある。星空と同じ事だ。毎日見上げる。良く見える夜空を求める。肝に銘じておこう。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-11-25 23:59 |
<< 秋の終わりに 野良猫に吹く風 >>