新参者
e0087225_1425657.jpg 近所の家で保護された数匹の白黒の仔猫たち、少し前に見た時にはまだまだやんちゃな仔猫だったのだが、どうやら庭に居着いているガコリーナに中の一匹がモーションをかけ始めたらしい。
 猫というのは不思議な生き物だ。外で暮らす野良猫たちは野生の赴くままに生きているようでいて、どこかで人に頼って生きている。それでいて犬のように一宿一飯の恩義を忠誠で返す事もなく、ただひたすらに居心地の良い場所を求める。人間など都合の良い食糧配給機械ぐらいにしか考えていない節さえ見受けられるのだ。
 ガーガー鳴くまだら猫ガコリーナはどうやら数度居間に忍び込んだ際に絨毯の気持ちよさを覚えたらしく、隙さえあれば網戸を開けて入ろうとする。網戸だけにしても開けられないように鍵を付ければ、昼となく夜となく窓が開くのを待ち受ける。そんな姿を愚かな人間は愛らしいと感じて可愛がってしまうのだ。
 新参者の白黒猫君は可愛がられて育てられたおかげでそれほど人を警戒しない。ガコには毛を逆立てて追い払われるが、尻尾を膨らましつつもこちらの方に近寄ってくる。ここで勘違いをしてはいけないのだ。余分に餌を与えようものならまたしてもうちの庭は縄張り争いの臭い戦争に巻き込まれるのだ。
 ここは一つ心を鬼にしなくては。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-11-18 23:59 |
<< 太陽の実験 星の瞬きにはかなわぬが >>