情報観測
e0087225_011355.jpg
 嵐が去ったあと、獅子座流星群が予想される夜空は6割ほどの晴れ間を見せた。しかし、あの大出現の年と比べればやはり数が少ないらしく、光害の多い横浜からはなかなか流れ星をみる事は出来ない。
 Twitterをはじめるようになってから、親しいパイプ作家の近況も見られればいいのにと思い彼のサイトをチェックしてみると、隅の方にFacebookのアイコンがあるのを見つけた。facebookはMixiのようなSNSだが全世界の人がアクセスしている。少しびびりつつ登録して彼に友人申請すると快く受けてくれた。
 最初の友人登録がイタリア人だと、つぶやきもせめて英語で書いた方がいいのかとか、ここはパイプの話題に限った方がいいのかとか、いらぬ事に頭を悩ませているうちにパイプ作家と早々に見つけた日本の友人から色んな話題が流星のように画面に現れる。
 しばらくは初めての流星観測のように「あっ!流れた!」と星の数の情報を眺めて慣れるとしよう。流星観測だと慣れたあとは時間・色・方向・流れた方向・長さ・痕のあるなしを報告するのだが、情報のエキスパートへの道はまだ長い。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-11-14 23:59 |
<< 写真屋の様変わり 援軍の撤退 >>