ブレスレス
e0087225_3105347.jpg バスに乗らずに駅まで出ようとすると、谷間にある養鶏場の前を通る。その日の風向きによっては非常に臭い。坂道を通り抜ける間は息を止めるのだが、歩きの場合はどうしても口で息を吸い込まないと窒息してしまう。
 そう言えば小学生の頃、息を止めて駆け抜けた道には何があったのか。今となっては忘却の彼方だ。


↑プハッと押しといて。
[PR]
by marshM | 2009-09-28 23:59 |
<< インターミッション 子犬の様に >>