夢の後のように
e0087225_1464294.jpg 秋風が吹き虫が鳴き始めても日差しはまだジリジリと熱い。買い出しに出るために我が家の車に乗れば中は灼熱の世界だ。エアコンもクーラーもないからアイドリングでしばらく冷やす事も出来ない。窓を全開にして走り出すしかサウナのような気温から逃れる術はないのだ。
 走り出してしまえばこちらのもの。全開にした窓から肘を出し、カーブが来ると効率よく外気を取り入れられるから勢い良く角を曲がる。昼下がりの裏道は車も少ないから、熱でバックミラーが直しても直してもうなだれてしまっても全く気にしない。立体駐車場の空に飛び出すような坂道を駆け上ってやっとの事で風通しの良い日陰に避難できた。

 夏は終わってしまったのだけれど、あちこちにその残滓が残っている。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-09-17 23:59 |
<< 小さな幸せ ヒマワリ >>