決意の代償
e0087225_0385581.jpg イタリアに入国して初めての食事に持った感想は「存分に太って帰る」であった。それほど本場のイタリア料理は美味かった。
 イタリアから帰って早一ヶ月が過ぎようとしている。いろいろな事があった経験の細かい記憶は既に表面から消え去ろうとしている。消えゆく記憶をとどめる方法は追体験に勝るものはない。カミさんがピアディーナはうちでも作れるというので生地から作る事になった。
 ふわふわとしたパンに比べると、ピアディーナは意外に簡単に作る事ができる。短時間寝かせたらのばしてフライパンで焼くだけだ。大手スーパーで買ってきたプロシュートとチーズを挟んでオリーブオイルを一かけ。口一杯に頬張るとまさしくイタリアで食べたあの味が蘇ってきた。
 イタリアから帰って早一ヶ月、2Kgは元に戻したが、あの日最初の食事で持った決意はなかなか解消する事ができないようだ。
e0087225_0483010.jpg



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-05-13 23:59 |
<< 蜜柑の花 十六夜 >>