きになるきになるきになるきになる
e0087225_1213256.jpg イタリアの通りを歩くと行き当たる気になるもの、それは看板やマンホールの蓋ばかりとは限らない。看板やマンホールなど気にかけた事はないという方、まあそう言う無かれ。これが土地や風俗を知る手がかりになる面白い情報がたくさん詰まったアイテムなのだ。その話はまたの機会として、1ブロック歩けば最低限1つは必ずお目にかかるのは玄関。集合住宅は玄関横に呼び鈴の並んだプレートがはまっているが、個人邸宅には扉の真ん中にノッカーがこれ見よがしに据え付けられている。
e0087225_1214996.jpg
 果たして、ノッカーをたたくと中の住人の耳に届くのか? 目の前にあるノッカーに用はあるが中の住人に用はない。どんな音がするのか試してみたいがこの歳になってピンポンダッシュをするのもどうかと思われる。誰かが訪ねてくるまでたたずんでいれば、不審者に間違われて通報されても文句は言えまい。ジレンマを抱えつつ後ろ髪を引かれつつ、謎は深まるばかりなのである。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-05-09 23:59 |
<< 重なる縁 イタリアの犬と猫 >>