新鮮でなんぼ
e0087225_264978.jpg
 Veneziaはアドリア海に面した島だけあって魚介類が新鮮である。その中にはアチュゲ、すなわちアンチョビも含まれる。まだ塩に漬けてそう時間が経ってない鰯は、缶詰に詰められた物とはひと味違って美味い。
 写真左はGhetto跡地に面したBarで食べたアチュゲのパスタ。アンチョビとタマネギとパセリしか使っていないのにどうしてこんなに旨味が出るのかというほど。右はホテルを出てすぐのBarで注文したTramezzini。パニーノより安いいわゆるサンドイッチ。アンチョビとゆで卵の組み合わせはあちこちで見かけたが、強い塩気がゆで卵で緩和されて程よく美味い。
 どちらも簡単に作れそうなので、そのうち自宅で挑戦しようと思っているが、果たして日本で手に入れるアンチョビで同じ様な味が出るのかどうか、こればかりはやってみないとわからない。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-05-02 23:59 |
<< パイプの秘密 通りすがりの喜び >>